暮らしとショピング








商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花





ネットサポート 










2019年08月30日

加賀グルメの新定番 カニごはん 5万食達成



2015年提供開始 橋立のコウバコふんだん
 加賀市のご当地グルメ「加賀カニごはん」が二十六日、二〇一五年四月のデビュー以来、四年四カ月で販売累計が五万食を達成した。(小室亜希子)

 五万食目を食べたのは、同市小菅波町の「くいもん家ふるさと 加賀本店」を訪れた東京都八王子市の主婦田中純子さん(55)ら女性三人のグループ。友人の勧めで三週間前に予約し、観光の途中に立ち寄った。

 田中さんは感謝状や記念品を受け取り「こんな幸運は初めて」と喜んだ。朴葉味噌(ほおばみそ)焼きや甲羅蒸しごはんなど、コウバコガニを丸ごと一匹用いた料理がずらりと並んだお膳に「すごい」と目を見張り、おいしそうに味わった。

 加賀カニごはんは橋立漁港のコウバコガニを使うなど一定のルールの下で、市内の五店舗がオリジナルの御膳を二千二百五十円(税込み)で提供。一五年度は一万食でスタートし、一七年度は一万三千食、カニの水揚げが少なく年度途中で終了した一八年度は一万一千八百食を売り上げた。

 加賀ご当地グルメ推進協議会の担当者は「加賀ランチの定番として浸透してきている。これからも加賀ブランドの一つとして盛り上げていく」と話した。 


posted by terry at 09:04| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

口コミ評価の高い広島のお好み焼き店ランキングTOP10



広島県を代表するご当地グルメの一つ・お好み焼き。現地には様々なお好み焼き店が軒を連ねているが、その中でも特に口コミ評価の高いお店というと、いったい、どこになるのだろうか?

そこで今回、旅行プラットフォーム「TripAdvisor」に寄せられた口コミ評価をもとにした「広島のお好み焼きランキング2019」が発表されたので、紹介していきたい。

本場の味で見事1位に輝いたのは『薬研堀 八昌』!
「広島のお好み焼きランキング2019」において見事1位に選ばれたのは、じっくり時間をかけて焼き上げるお好み焼きが絶品の『薬研堀 八昌』だった。

続いて2位には、見た目も味も斬新な『電光石火』が、3位には、昔ながらの広島流の味が堪能できると評判の『みっちゃん総本店 八丁堀店』が選ばれた。

広島のお好み焼きは、薄い生地に肉やキャベツ、卵などの具材を重ねて焼き上げるのが主流で、そこに麺類も加えるため、ボリューム感があり、また具材の食感が存分に楽しめるのが特徴的だ。

口コミでも、「パリっとした麺」や「キャベツの甘みが絶品」と麺や具材に関する投稿が多く寄せられていた。

【広島のお好み焼きランキング2019】 トップ10
1位 薬研堀 八昌/広島市中区
2位 電光石火/広島市南区
3位 みっちゃん総本店 八丁堀店/広島市中区
4位 お好み焼 長田屋/広島市中区
5位 ふみちゃん 流川店/広島市中区
6位 麗ちゃん/広島市南区
7位 お好み焼き ねぎ庵広島駅ビルアッセ店/広島市南区
8位 八誠/広島市中区
9位 五エ門 広島空港店/三原市本郷町
10位 てっ平 広島空港店/三原市本郷町

以下では、上位3店舗に寄せられた口コミをピックアップして紹介していく。

1位『薬研堀 八昌』(広島市中区)〜パリっとした麺に甘いキャベツ、加えて半熟卵の絶妙なバランスがたまらない逸品〜 時間をかけてじっくり焼き上げる『薬研堀 八昌』のお好み焼きには、「少し時間をかけて作られるお好み焼きは、キャベツの甘みが絶品です。」や「お好み焼きはそばがパリパリとしてて美味しかったです。卵も火が通り過ぎずに半熟くらいで良かったです。」といった、バランスのとれた、一体感のある味を絶賛する口コミが多く寄せられていた。

また、その美味しさを求め「並んでいても絶対にここで食べる」や「リピーターになりたい」といった声も。

2位『電光石火』(広島市南区)〜大葉風味のお好み焼きをふわっとした卵焼きで包みこんだ、斬新な味とスタイルが大人気!〜 大葉の風味が口の中に広がる『電光石火』のお好み焼き。卵焼きに包まれたドーム型の外見がとても珍しく、印象的。

「一般的な広島お好みと違うところは、まず千切りの大葉が入ります。これがまた主張しすぎもせず、爽やかさが良い加減のアクセント。最後の卵の部分をオーソドックスなオムライスのように、お好み焼き全体をくるむ仕上げ方でこんもりと丸く可愛らしいです」といった美味しさに加え、ユニークさについて書かれた口コミが多く寄せられていた。

3位『みっちゃん総本店 八丁堀店』(広島市中区)〜麺からキャベツ、 ソースまでこだわり抜いた元祖の味。 広島流のルーツがここに!〜 昔ながらの広島のお好み焼きが味わえる名店『みっちゃん総本店 八丁堀店』。

シンプルながら素材にこだわった美味しいお好み焼きは、 広島流を知るのにピッタリな一皿のよう。

「広島焼きの元祖を食べずして語れない、と思わせてくれる美味しさがあります。 定番のそば肉玉子を始め、どれも安定感のある美味しさで楽しめますね。 」や「昔ながらの庶民的な味がうれしい元祖お好み焼き」といった口コミから、 守り続けてきた不動の美味しさが伝わってくる。

麺、具材、ソースなど独自のスタイルで旅行者を魅了する広島のお好み焼き。人気店の口コミ評価をチェックして、広島旅行の際に行きたいお店を選んでみてはいかがだろうか。

【ランキング評価方法】 「トリップアドバイザーの口コミで人気!広島のお好み焼きランキング2019」は、 2017年4月〜2019 年3月に日本語で投稿された、 広島県のお好み焼きレストランに関する口コミの評価点(5段階)、 投稿数などをもとに独自のアルゴリズムで集計したもの。 なお、 同一チェーンについては店舗のみランクインとされている。

出典元:トリップアドバイザー株式会社

構成/こじへい


posted by terry at 14:22| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

じわり広がる「名古屋ハヤシ」



隠し味は赤みそと情熱

 名古屋風のハヤシライスが近年、じわりと広がっているのをご存じですか。その名も「名古屋ハヤシ」。「赤みそと卵を使う」「米などの食材とソースを混ぜて提供する」といった特徴があり、名古屋市内の約20店舗で提供されているそうです。今年3月に大阪から名古屋に赴任した記者(32)には、未体験の味。特色がある2店で食べ比べてみました。 (豊田直也)

まず訪れたのは、中区錦三の居酒屋「カモシヤ」。2011年に最初に提供を始めた、発祥の店だ。

 茶色く染まったご飯は、ハヤシライスというよりはリゾットのよう。味は確かにハヤシライスだが、ふわりと赤みその風味がする。洋食なのに、名古屋の味だ。それもそのはず、店の看板商品のみそおでんの汁が入っているという。

 黄身を崩すと味がまろやかになり、独自の調味料「ハーブ七味」をかけると、爽やかな香りが加わった。ひつまぶしのように3通りの楽しみ方ができるのも、名古屋ハヤシの特徴だ。

 開発したのは、47都道府県のご当地グルメを食べ歩いた経験がある名古屋市出身のオーナー橋本雄生(ひろむ)さん(46)。「新しい名古屋メシで地元を盛り上げたい」と、仲間の2店舗とともに提供を開始。「東海3県の食材が入っている」など8カ条を決め、他の店舗にも呼びかけた。15年には提供する8店舗で「名古屋ハヤシ倶楽部(くらぶ)」を結成し、現在はカフェや洋食店、バーなどに広がっている。

【名古屋ハヤシ8カ条】
1、赤みそを使う
2、ハヤシソースを使う
3、卵を使う
4、食材とソースを混ぜて提供する
5、提供後にかける調味料で違いを出す
6、東海3県の食材が入っている
7、東海3県に来てもらいたいと考えている
8、新しい名古屋メシを広める情熱がある

アイスランドの文化を紹介する名東区社が丘のカフェ「アイスランドマーケット」も、今月から販売を始めた。パンの中心をくりぬいた容器(ブレッドボウル)で提供し、ビーフシチューのような見た目だ。米が入っていないため、容器のパンを浸しながら食べていく。ごろっとしたひき肉の食感で食べ応えがあり、途中で粉チーズで味を変えられる。こちらは赤みその風味はそれほど強くなく、コクを出すためにアイスランド製のチョコレートを隠し味に使っているという。

 橋本さんとソムリエ仲間という運営企業の村上力さん(47)が「店でアイスランドの文化を知ってもらいながら、名古屋の食文化も盛り上げたい」と導入を決めた。

 名古屋ハヤシは、最近では旅行雑誌にも取り上げられるようになり、徐々に新たな名物として浸透しつつある。来年には一般向けにレトルトのルーの販売を目指している。橋本さんは「お土産でも楽しんでもらい、将来的には学校給食でも提供されるほどに定着させたい」と話している。

ラベル:ハヤシ 名古屋
posted by terry at 11:21| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

【希少グルメ】秋田県にかほ市民だけが知ってる! 給食に出る「あげそば」が激しくウマイ件



皆さんは「あげそば」なる存在をご存じだろうか。あげそば は、秋田県にかほ市のご当地グルメのひとつ。しかもB級グルメのために作られた新しい料理ではなく、数十年前からこの地域の学校給食として出され続けている、歴史あるご当地グルメなのである。

・かた焼きそばではない
あげそば という名称からイメージするに、カラッと揚げた焼きそばのような料理を思い浮かべる人もいるかもしれないが、まったくの別物であり、まったく油っぽくなく、いくらでも食べ続けられる絶品グルメ。

・香ばしさと甘味と旨味が強い
あげそばとは、乾麺の中華麺を油でカラッと揚げたあと、野菜をふんだんに投入した旨味濃厚なスープで煮込んだ料理。けんちん汁やけんちんうどんに近いテイストをイメージしてもらえればわかりやすいかもしれない。香ばしさと甘味と旨味が強いのが特徴だ。

・給食に中華麺は適さず
そもそも、このあげそばは数十年前のトラブルから生まれた産物だ。給食を作るおばちゃんのもとにうどんの乾麺が届かず、間違って中華麺の乾麺が届いた。大量に作らなくてはならない給食に中華麺は適さず、どうすればよいかおばちゃんは悩んだそうだ。

・あげそば誕生の瞬間
そこで思いついたのが、日清のインスタント麺だ。インスタント麺は油で揚げられており、それをお湯に浸すことでラーメンとして出来上がる。おばちゃんはそこから着想を得て、試しに中華麺の乾麺を揚げてから煮込んでみたところ、非常に美味しい麺料理ができたという。祝え! あげそば誕生の瞬間である。

・一部のお店でも食べられる
秋田県にかほ市では、いま現在もときどき給食に あげそば が出される。そう、にかほ市民だからこそ知っている、まさに歴史あるご当地グルメなのである。そんな あげそば を食べることができる店がいくつかにかほ市にあるが、たとえば「WAVE」(秋田県にかほ市平沢字清水尻109-10)の あげそば は給食のあげそばに近いテイストで出されているという。

・にかほ市の子どもたちが羨ましい
実際に食べればわかるが、野菜の旨味と、麺から溢れ出る香ばしさがたまらなく美味。旨味と香ばしさの相乗効果と言うべきか。いくら食べても飽きずに最後まで食べ続けられることができたし、おかわりしたくなるほどヤミツキとなった。こんなにも美味しい給食が食べられるにかほ市の子どもたちが羨ましい。

・もっと知られても良い絶品グルメ
にかほ市は、もっと あげそば をアピールしても良いのではないだろうか。にかほ市出身の著名人がアピールしてくれれば、地域活性に繋がり、美味しい あげそば が全国的に知られることになるかもしれないが、それは期待しすぎというものか。

ちなみに、にかほ市には地域住民に大絶賛されているラーメン屋「伊原純平」があり、実際に激しく美味しい。

WAVE 住所: 秋田県にかほ市平沢字清水尻109-10
時間: 18:00〜1:00
休日: 火曜日

posted by terry at 10:00| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

Bー1グランプリ明石 11月開催へムード上々



11月に兵庫県の明石公園などで開かれるイベント「B−1グランプリ」の全国大会開幕まで、23日で残り3カ月。実行委員会が公式ホームページ(HP)を開設し、市内2カ所に残り日数を示す「カウントダウンボード」を置くなど、大会を盛り上げる取り組みが着々と進んでいる。

 大会は、全国のまちづくり団体がご当地グルメを通じて地域活性化を目指す行事。明石市では2017年に西日本大会があり、約17万人でにぎわった。

 全国大会は11月23、24日、明石公園と市役所周辺で、市制施行100周年の目玉行事として催す。55団体が参加予定で、約40万人の入場者を見込む。

 HPは、大会150日前の6月26日に開設。参加予定団体の名称と所在地、料理名を掲載し、会場の概略図や明石市の紹介、大会までの残り日数などを表示している。チケット販売の詳細も今後、HPで公表する。

 HPには文字を音声化する「読み上げ機能」のほか、色覚障害者らに読みやすいように色や文字の大きさを簡単に変更できる仕組みを導入。開催理念に掲げる「障害の有無や年齢に関係なく誰もが楽しめる大会」を体現している。

 開幕100日前になる今月15日には、明石駅前のあかし市民広場と、市役所にカウントダウンボードを設置。開催日時やスローガンとともに、天文科学館や明石城跡といった名所をイラストで紹介した。

 JR西明石駅前(明石市小久保2)には告知看板、JR魚住駅改札前には横断幕を掲げた。

 実行委の担当者は「おもてなしの心を大切に、明石に大勢の人をお迎えできるようしっかりPRしたい」と意気込む。(藤井伸哉)


posted by terry at 08:51| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

旅先で絶対に食べたい〈ご当地グルメ〉10選!! 元ツーリング雑誌編集者が衝撃を受けた、もう一度味わいたい料理をご紹介します!



日本は狭いようで広い、まだまだ現地に行かないとちゃんと食べられないご当地グルメがある! ど〜も、こんにちは、もしくはこんばんは! webオートバイ編集部員の西野鉄兵です。

僕は以前、「アウトライダー」というバイクツーリング雑誌を作っていたのですが、ここへ移り約8カ月たちました。

webオートバイ編集部は新橋にあり、サラリーマンのランチスポットにことかかず、この8カ月で約10kgも肥えましたよ! イエイイエイ!

今回は、そんな激太りライダーがおすすめする、あなたを激太りさせるかもしれない絶品飯をご紹介したいと思います。

個人的に選ぶにあたり、こだわったポイントは2つ。

1.味と感動が思い出せる旅飯であること。

2.調理の手が加わっていること。

まず思い出したのは、北海道余市で食べたウニ丼でした。たぶんいままで食べたものの中で、一番美味かった……。美味すぎて、一杯3000円もするのにお代わりしてしまいました。

さらに静岡県用宗港の生シラス丼。これも美味かった。しかも600円と安かったため、こちらは気兼ねなく2杯食べられました。

だけど、今回はあえて、これらは外します! 素材の味を活かした海鮮丼系はそれだけで10選作れてしまうから! それらは、また次回にします。

というわけで、いってみましょう!

(1)三重県「四日市とんてき」/肉の塊を食らう、これぞスタミナフード! 肉食いてえぇぇぇ、と思った時、必ず思い出すのが、四日市とんてき。

工場夜景でも有名な三重県四日市市の名物ですね。とんてきは、豚肉のステーキです。

味付けはお店によって違うようですが、ニンニクとウスターソースが混ざった濃い味が僕はたまらなく好きで、人気店「まつもとの来来憲」さんによく行っています。

野球のグローブのような分厚い肉を噛みしめたとき、あふれ出る肉汁と染みたタレ。

ご飯が進みすぎてすぐなくなっちゃうよお〜。

だけど定食で頼めば、ライスも豚汁もキャベツもお代わりOK。最高です。

最近では、東京にも「四日市とんてき」インスパイア系の定食屋さんが現れてきましたが、本家を超えるものには出会えていません。

鈴鹿サーキットに行かれるときにも寄れる距離なので、ぜひ!

(2)山形県「冷やし肉そば」/夏場に食べたい一気飲み蕎麦! 山形県ってじつはすっごく暑いんですよね。とくに山形市周辺。

気温35度の天童市で食べたこの「肉そば」(冷やし)は忘れられません。

シンプルにいえば、かけそばの冷たい版ですが、透き通り方が違いました。

水のようにつゆをがぶがぶ飲み、麺も一緒に勢いよくすする……。たぶん2分くらいで完食し、隣のお客さんが露骨に引いていたのを覚えています。

山形県は冷やし文化が進んでいる地として有名ですよね。冷やしラーメンも美味かった。やっぱり肝は水。

後日、帰宅するなり同じように自宅で作ってみたのですが、シンプルにまずかったです。東京であまり広まらない理由がわかりました。

ぜひ、暑い時期に味わってみてください。ちなみに「冷やしシャンプー」も山形が発祥です。

(3)長野県「上田のあんかけ焼きそば」/独特な触感と甘みがクセになる! ツーリングライダーの聖地である信州でも、上田市のあんかけ焼きそばを知る県外ライダーは少ないのではないですかね。

僕もつい2年前に知った絶品グルメです。

あんかけ焼きそばというと、長崎のかた焼きそばを思い浮かべがちですが、ここの麺の触感は、いい意味でゴムっぽい。

噛み切りにくい絶妙な硬さの麺に、甘みのあるあんが絡まり、幸せな気持ちになります。

ちなみに上田ではこのあんかけ焼きそばとラーメンをセットで頼む人も多く、「おいおい嘘だろ」とカルチャーショックを受けました。

まだ「セット食い」は試していませんが、どのような味のハーモニーを奏でるのか、気になるところです。

上田は、真田家ゆかりの上田城の城下町で、駅から離れた場所にディープな繁華街が広がっています。

「美味だれ焼き鳥」という居酒屋で絶対食べてほしい、夜の絶品ご当地料理も。

ぜひ信州泊まりがけツーリングで、上田を堪能してみてください!

(4)高知県「鍋焼きラーメン」/アツアツであることの美学 続いては絶景ロード「横浪黒潮ライン」がある須崎市のご当地グルメです。

これは冬に食べたい料理。なにせ、とにかく熱い。

器がぐつぐつした土鍋ですからね。

鶏の出汁がきいた醤油味。見た目よりも旨味が強く、塩分多めでクセになりました。

汗をダラダラかきながら食べてたのを覚えています。口の中に残るしょっぱみ、がいまだ忘れられません。

ふと「アア、アレ、モウイチド、タベタイ……」と思い出す、脳裏に焼き付く系ラーメンです。

(5)福井県「鯖のへしこ」/一切れでご飯一膳・ビール一杯いけちゃう味の濃さ! しょっぱいということでは、こちらも忘れられません。

鯖を塩漬けにしてからの、ぬか漬けにされた福井県の郷土料理・保存食です。

食べたことがある人はわかると思います。

写真を見ているだけで、口の中に唾液があふれてきます。

それだけしょっぱい。一切れでご飯一膳、余裕です。福井県はお米も美味しいから、もうそれだけで大満足。もちろんビールや日本酒との相性も抜群です。

北陸の海岸沿いをツーリングする際は、ぜひ。

へしこ一切れがかけがえのない旅の思い出となるでしょう。

(6)青森県「イカの沖漬け」/濃縮された旨味、それは豊かな海の味! へしこと似たようなものでパッと思い出したのが、青森県八戸で初めて食べた「イカの沖漬け」。

漁船で獲れた直後、漬けダレにイカを放り込んで作られたから「沖漬け」と呼ばれています。

実際に僕が食べたのも、漁船で漬けられたものでした。

こちらもとにかく旨味が凝縮していて、味が濃い、しょっぱい、美味い、ビールが進む!!

食べた場所は、八戸市にある屋台村「みろく横丁」。色白の可愛いバイトちゃんが働く小さなお店でした。

ああ、彼女もおそらくもうアラサー。僕も白髪が生えてくるわけです、ってなことを思い出せるイカの沖漬け。

八戸の夜は楽しいですよ。あなたにとっての「思い出の沖漬け」が待っています。

(7)福岡県「焼きカレー」/子供から大人まで絶対好き!絶対! 焼きカレーは、北九州市門司の名物です。

門司は、関門トンネルをはじめ、長距離フェリーの玄関口にもなっているので、九州ツーリングの最初か最後に立ち寄りやすい場所。

ここで食べた焼きカレーは、泣けるほど美味かった……。

いまでこそ、こじゃれたお店で出したりしていますが、当時大学生の西野青年はこんなハイカラな食べ物初めて見ました。

「これだけは食いてえ」と、雨の門司、レンガの街並みでバイクを止めました。

オーブンで焼かれるため、外も中もアツアツ。カレーの匂いの中に、チーズがとろける香ばしさが混じる。一口目から……むちゃくちゃ美味い!!

お店の名前は憶えていません。だけど、次行ったとき必ず見つけ出して、あの美味さは本物だったのか確かめるつもりです。北海道余市のウニ丼を知る大人になった舌でもう一度食べてみたいです。

(8)岩手県「盛岡じゃじゃ麺」/なんて自由な食べ物なんだ! 盛岡は独特な麺文化を持つ街で、「盛岡三大麺」というものがあります。

わんこそば、冷麺、そしてこの「じゃじゃ麺」です。

ジャージャー麺とはちがいますよ。使われる麺はうどんのような白い麺です。これに特製の肉味噌ときゅうりやネギをまぜまぜして食べます。

これ、きっとバイクのカスタムが好きな人にぴったりの料理です。

食べ進めながら、ラー油や生姜、ニンニク、さらにお酢を少しずつ投入。じわじわと味変させていきます。

最終的に、「何を食べているのかよくわからないけど、美味い!」となれば成功だと思います。

そして、最後はいい感じに食べ散らかしておくのがポイント。

麺を食べ切ったお皿に卵を割って、ゆで汁を入れてもらいます。これが食後のスープ「チータンタン」です。

ホントにこれで合ってるの? よそ者だから、だましているんじゃないか……と不安になりながら飲んだチータンタン……美味でした。

(9)岡山県「カキオコ」/この美味さ、まさに鉄板!牡蠣×お好み焼き ああ、これは絶対に美味いやつだ……と思ったらやっぱり美味すぎた系の料理。

瀬戸内海に面した岡山県備前市日生のご当地グルメ。牡蠣入りお好み焼きの略称で「カキオコ」です。

西日本のお好み焼きは、ホントに美味しいですからね。そこに牡蠣がいくつも入っちゃう。美味くないわけないでしょ。

ただ牡蠣は季節もの、真の美味さを味わいたければ、冬。特に11月〜2月が旬です。

瀬戸内は温暖な気候ですから、冬のツーリングにもぴったり。

日生から約30分、瀬戸内市牛窓の海風景とともに、ソースにまみれた牡蠣の旨味が忘れられません。

(10)沖縄県「ゴーヤチャンプルー」/毎日食べられる本場のちょうどいい味 さあ、いよいよラスト! 沖縄です。沖縄の食べ物が好きすぎて、何にしようか迷いましたが、やっぱり王道「ゴーヤチャンプルー」にしました。

ソーキそばも美味しいし、ソーミンチャンプルーも、タコライスもスパムおにぎりも大好きです。

ただ、お茶碗片手にゴーヤチャンプルーをかっ食らったのが、沖縄旅の一番の記憶でした。

雰囲気のいい昔ながらの食堂を見つけては「ゴーヤチャンプルー定食」を食べていました。600円くらい。

沖縄は食べ物も安いし、レンタルバイクも安い。だから行ってさえしまえば、旅しやすいエリアです。夜の飲み処にも事欠きませんしね。

本場のゴーヤチャンプルーは、どこも素朴で少し不思議な味わいでした。濃いような薄いような、しょっぱいような物足りないような……。

それが絶妙な味付け、毎日でも食べられる地元仕様ってことでしょう。

あなたもぜひ、本場の定番料理を味わってみてください!

以上、独断と偏見と思い出の深さで選ばせていただいた、編集部員西野の旅グルメ10選でした。

この旅飯シリーズは、これからも続けていこうと思います!

文:西野鉄兵




posted by terry at 08:33| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

名物そば店、なつかしの列車デザインに=兵庫県姫路市〔地域〕



JR姫路駅(兵庫県姫路市)の在来線上りホームに、かつての列車を模した飲食店がお目見えした。同駅の名物として愛され続ける「まねきのえきそば」の70周年記念事業として、発祥店の外装が電車型に衣替えされた。

えきそばは、約70年前に地元のまねき食品が駅で売り出した、中華麺に和風だしを注いだ一品。独特な食感が特長で、ご当地グルメとして高い人気を誇る。発祥店では1日約700食を提供。市内などの複数の店で味わえるほか、日清食品からカップ麺としても発売されている。
 刷新した店舗の外装は、姫路と和田山(同県朝来市)を結ぶ播但線で運行されていた気動車「キハ58」がモチーフ。当初、ふたの付いた容器で販売され、車内で食べることもできたことから、その時代を懐かしむ利用客からの要望もあり、電車を模したデザインに決めたという。
 店内には、「えきそば」を味わう人を表現した、地元版画家・岩田健三郎氏の郷愁を誘う作品が並び、目を和ませている。店舗を運営するまねき食品の竹田典高社長は「今は持ち込みはできないが、電車の中で食べるイメージで召し上がっていただき、当時の思い出を振り返ってもらえれば」と話している。




posted by terry at 08:49| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

観光にもおススメ!?長崎県庁舎のレストランでいただく王道 トルコライス【ご当地アイドルコラボ】|長崎市 シェ・デジマ



長崎新聞社員の食いしん坊メモ、長崎の王道グルメから意外な食べ物を紹介する「なん食べよっと」。

今回は特別コラボとして

長崎のご当地アイドル「MilkShake(ミルクセーキ)」のきらここと、海波きらさんと

長崎県庁舎内にあるレストラン「シェ・デジマ」にお邪魔しました。

今回、きらさんとお邪魔したのはJR長崎駅から徒歩数分にある長崎県の庁舎。

2017年12月に完成(2018年1月から業務開始)した新庁舎は木材を使った温かみのあるデザインが印象的です。

庁舎1階中央の階段を上がった2階のつきあたりに、レストラン「シェ・デジマ」があります。

お昼の時間帯は県庁の職員の方々が多く使われていますが、職員以外の方も自由に利用できる開放的なレストランとなっています。

メニューは、日替りランチ(500円)、スマートランチ(500円)、日替り定食(500円)、長崎ちゃんぽん(500円)などワンコインでいただけるものから、名工ランチ(550円)、トルコライス(600円)、南蛮カレー(600円)、長崎松花堂(600円)などさまざま。

「まず最初に食券を買うんですね。食券買うのって初めてです。」

「ここを押せばいいんですよね?」

トレー持って受け取りコーナーで料理を。お箸、スプーンなどをお忘れなく」

今回、きらさんといただくのは、長崎の定番グルメ「トルコライス」(600円)。

たっぷりのサフランライスとナポリタンに薄切りカツ、カレーソースとデミグラスソースのWソースが特徴の一品です 。

「それでは、いただきます。」

「トルコライス、久しぶりなので楽しみです。」

「長崎在住なんですが、トルコライスを食べる機会ってなかなかないんですよ。」

「うん!美味しいです!」

「ご飯、サフランライス?のほうにカレーソースがかかってます。」

「ナポリタンのほうにデミグラスソースですね 。」

「苦手な食べものは特にないです。」

「ナポリタンに入ってるピーマンやニンジンも好きです。このピーマンはとくに好きなピーマン。」

「好きな料理は肉じゃがやオムライス。お母さんが作ってくれる味が特に好きです。」

「カツが薄切りなのが、食べやすくてすごく好きです。」

「お箸持ってきたけど、このカツはスプーンでいけますw」

「学校も楽しいですよ。」

「好きな教科は美術です。5教科だと国語や数学が好き。」

「一番苦手なのは、理科です。色々覚えるのが難しい。」

「でもフレミングの法則(左手の法則)は覚えてますよ。」(と言って右手を上げるきらさん)

「ごちそうさまでした!美味しかったです! 」

「ご飯がピラフじゃなくてサフランライスだったり、ソースが2種類かかっていたり、食べてて楽しいトルコライスでした。 」

長崎県庁舎2階「シェ・デジマ」は、そのまま庁舎2階のテラスにも出ることができます。

テラスはとても開放的で気持ち良く、晴れていればおススメの散歩コースです。

今回は長崎のアイドルグループ「MilkShake(ミルクセーキ)」のきらここと 、海波きらさんと

長崎県庁舎のレストラン「シェ・デジマ 」でトルコライスをいただきました。

「ありがとうございました!」

「県庁に来たのは初めてなんですが、ご飯も美味しくて建物も綺麗で、とても楽しかったです 。」

☆MilkShake(ミルクセーキ) プロフィール☆

2013年6月デビュー。

長崎弁を多用する楽曲をはじめ、アイドルポップスの中でもどこか異彩を放つその楽曲センスで楽曲派と類され、多くの音楽ファン・アイドルファンから注目を集めるTHE長崎ロコドル。




posted by terry at 08:42| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

へしこにソースカツ丼 福井はご当地グルメの宝庫



若狭湾に面した福井県。大阪からJR特急サンダーバードで約2時間の場所にありながらなかなか訪れる機会がない。だがいざ行ってみると魅力的なご当地グルメが盛りだくさんだった。

 JR福井駅(福井市)に到着して最初に出迎えてくれたのが、駅前の巨大な恐竜モニュメントだ。福井県は国内随一の恐竜化石の産出地。勝山市には国内最大級の恐竜博物館もある。

 並んでいるのは、フクイラプトル、フクイティタン、フクイサウルスと、いずれも福井県内で化石が発見された恐竜で、周りには迫力満点の姿をより近くで見ようと、子供たちが集まっている。同県越前市から訪れた大塚叶真君(3)も「恐竜大好き」と笑顔で話す。

 出張の楽しみといえば、やはり晩ご飯だ。取材の帰り道に通りかかった居酒屋「錦輝」に入ることにした。

 まずは、地酒を一杯。すっきりとしていて飲みやすい。あては、サバをぬか漬けにした「へしこ」の刺し身。塩辛いが、少しずつ食べるとくせの強いうまみがやみつきになり、日本酒がすすむ。店主の錦織敬司さん(55)は「『漬け込む』を福井弁で『へしこむ』と言うんですよ」と教えてくれた。他にも、イカやフグのへしこがあるんだそう。

 しめは、福井名物のソースカツ丼だ。卵でとじたいわゆるカツ丼ではなく、ソースにつけ込んだカツが白いご飯の上にのっている。カツは軟らかく、何よりもご飯がおいしい。シンプルだからこそ米の甘みが際立つ、米どころならではの食べ方なのだろう。

 「ほかにも、ソバに大根おろしをそえた『おろしそば』など、海の幸以外にも福井にはおいしいものがいっぱいありますよ」と錦織さん。1泊2日なのが名残惜しい福井の出張だった。(江森梓)



posted by terry at 09:57| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車窓をつまみに! 地酒やワイン、ご当地グルメを車内で味わえる「呑み鉄」観光列車4選



北信濃の山並みを眺めながら長野県産のワインを、日本海を眺めながら新潟の日本酒を……。車窓に流れる景色を楽しみながら、ゆったりと沿線のお酒を堪能できる「呑み鉄」おすすめの観光列車を紹介します。ご当地おつまみも味わえます。

「呑み鉄」必見の観光列車4選
【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2019年8月号に掲載された特集「グルメ派? 絶景派? みんなの観光列車」内の記事を再構成したものです】

※ ※ ※

 お酒に重点を置いた観光列車が増えており、左党の鉄道ファンにはたまらない。テーブル席で、のどかな景色を眺めながら、地酒を味わうひとときは至福の時間。おすすめの列車をいくつか紹介したい。

長野県は日本有数のワインの産地。長野電鉄の「北信濃ワインバレー列車」(6000円)は、長野〜湯田中間の北信濃の山並みを眺めながら、長野県産ワインを存分に楽しめる列車である。地元ワイナリーが提供する赤・白ワインが飲み放題で、5月〜9月はワインに加えて玉村本店の地ビールも味わえる。沿線の人気レストランが手がける、ワインと相性のいい料理が満載の「のんびりべんとう」がセットになっている。列車はかつて小田急「ロマンスカー」として活躍した特急形車両を使用し、レトロな味わいも魅力だ。

 同じく信州から、しなの鉄道が軽井沢〜長野間で運行する「ろくもん」は、沿線ゆかりの戦国武将「真田氏」をテーマとする観光列車。3両編成の車内は木材を多用した明るい雰囲気で、ソファ席や半個室席が配置され、各車両の定員は20人〜28人とゆったりしている。主に週末に運転される「ろくもん3号」には「信州プレミアムワインプラン」(1万4800円)が設定されている。厳選した信州ゆかりのワイン4、5種と、沿線のワイナリーにあるレストランが提供する洋食料理が楽しめる。

「利き酒」ができる観光列車も
 上越妙高〜十日町間を走るJRの快速「越乃Shu*Kura」は、新潟が誇る「地酒」をテーマとする列車。びゅう旅行商品で申し込むと、当列車のオリジナル大吟醸酒と、日本酒に合う食事が提供される(現地発着プラン7400円など)。2号車のイベントスペースは、酒樽をモチーフとしたスタンディングテーブルを配置。銘酒の利き酒コーナー、お酒にまつわる話が聞ける蔵元イベントなど、多彩な催しもある(開催日限定)。青海川駅(新潟県柏崎市)のホームから眺める雄大な日本海も、この列車の魅力だ。

酒処の能登では、のと鉄道の「のと里山里海号」がおすすめ。各種の飲食付きプランがあり、土曜の5号は「ほろ酔いプラン」(3500円)が設定される。日本四大杜氏に数えられる能登杜氏が造る地酒3種を、能登の肴とともにテーブル席で味わえる。車販カウンターでは能登ワインや地ビールも販売。七尾〜穴水間を運行し、七尾湾のビュースポットでの停車や、能登中島駅(石川県七尾市)に保存される鉄道郵便車の見学など、観光列車ならではの楽しみもある。

posted by terry at 09:11| Comment(0) | 楽天ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

車窓をつまみに! 地酒やワイン、ご当地グルメを車内で味わえる「呑み鉄」観光列車4選



北信濃の山並みを眺めながら長野県産のワインを、日本海を眺めながら新潟の日本酒を……。車窓に流れる景色を楽しみながら、ゆったりと沿線のお酒を堪能できる「呑み鉄」おすすめの観光列車を紹介します。ご当地おつまみも味わえます。

「呑み鉄」必見の観光列車4選
【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2019年8月号に掲載された特集「グルメ派? 絶景派? みんなの観光列車」内の記事を再構成したものです】

※ ※ ※

 お酒に重点を置いた観光列車が増えており、左党の鉄道ファンにはたまらない。テーブル席で、のどかな景色を眺めながら、地酒を味わうひとときは至福の時間。おすすめの列車をいくつか紹介したい。

長野県は日本有数のワインの産地。長野電鉄の「北信濃ワインバレー列車」(6000円)は、長野〜湯田中間の北信濃の山並みを眺めながら、長野県産ワインを存分に楽しめる列車である。地元ワイナリーが提供する赤・白ワインが飲み放題で、5月〜9月はワインに加えて玉村本店の地ビールも味わえる。沿線の人気レストランが手がける、ワインと相性のいい料理が満載の「のんびりべんとう」がセットになっている。列車はかつて小田急「ロマンスカー」として活躍した特急形車両を使用し、レトロな味わいも魅力だ。

 同じく信州から、しなの鉄道が軽井沢〜長野間で運行する「ろくもん」は、沿線ゆかりの戦国武将「真田氏」をテーマとする観光列車。3両編成の車内は木材を多用した明るい雰囲気で、ソファ席や半個室席が配置され、各車両の定員は20人〜28人とゆったりしている。主に週末に運転される「ろくもん3号」には「信州プレミアムワインプラン」(1万4800円)が設定されている。厳選した信州ゆかりのワイン4、5種と、沿線のワイナリーにあるレストランが提供する洋食料理が楽しめる。

「利き酒」ができる観光列車も
 上越妙高〜十日町間を走るJRの快速「越乃Shu*Kura」は、新潟が誇る「地酒」をテーマとする列車。びゅう旅行商品で申し込むと、当列車のオリジナル大吟醸酒と、日本酒に合う食事が提供される(現地発着プラン7400円など)。2号車のイベントスペースは、酒樽をモチーフとしたスタンディングテーブルを配置。銘酒の利き酒コーナー、お酒にまつわる話が聞ける蔵元イベントなど、多彩な催しもある(開催日限定)。青海川駅(新潟県柏崎市)のホームから眺める雄大な日本海も、この列車の魅力だ。

酒処の能登では、のと鉄道の「のと里山里海号」がおすすめ。各種の飲食付きプランがあり、土曜の5号は「ほろ酔いプラン」(3500円)が設定される。日本四大杜氏に数えられる能登杜氏が造る地酒3種を、能登の肴とともにテーブル席で味わえる。車販カウンターでは能登ワインや地ビールも販売。七尾〜穴水間を運行し、七尾湾のビュースポットでの停車や、能登中島駅(石川県七尾市)に保存される鉄道郵便車の見学など、観光列車ならではの楽しみもある。

posted by terry at 08:25| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

宮崎のご当地グルメを再現!「ポテトチップス 辛麺味」限定発売



ニュース トレンド グルメ カルビ 宮崎のご当地グルメを再現!「ポテトチップス 辛麺味」限定発売 宮崎のご当地グルメを再現!「ポテトチップス 辛麺味」限定発売 nomooo 2019年8月7日 12:00 0

カルビーから、「ポテトチップス 辛麺味」が、2019年9月23日(月)より、宮崎・佐賀・長崎・大分・鹿児島・福岡・熊本・沖縄(8都県)で発売になります。また、カルビーアンテナショップでも随時販売予定になります。

「ポテトチップス 辛麺味」は、宮崎を愛するお客さんから、インターネット上で募集した味案をもとに、宮崎県庁にて地元を愛する人達と一緒に、ワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定したという商品。

「辛麺」とは、延岡発の宮崎ご当地グルメ。そんな辛麺を再現した、チキンのスープとにんにくのうまみ、そしてあと引く辛さがくせになる一品にシアがあっているとのこと!

カルビーが実施している、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトから登場となる同商品。

ご当地グルメということで、宮崎の地酒と一緒に楽しむと、より美味しく味わえそうですね!詳しくはこちら。

商品概要
商品名ポテトチップス 辛麺味内容量55g価格オープン(想定価格 税込み130円前後)発売日2019年9月23日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合あり。※店舗によっては、取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合あり。販売エリア宮崎・佐賀・長崎・大分・鹿児島・福岡・熊本・沖縄アンテナショップ新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店


posted by terry at 09:04| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

たった5分の簡単調理 冷凍おかずセット わんまいる グリーライフスタイル社と契約 インスタ フォローキャンペーン開催!



国産100%にこだわった安心・安全食材を用いた冷凍タイプの夕食おかずセット「健幸ディナー」(以下、健幸ディナー)を全国へ宅配している「わんまいる」(運営:株式会社ファミリーネットワークシステムズ、本社:大阪市北区、代表取締役社長:堀田 茂、以下、わんまいる)は、グリー株式会社の100%子会社のグリーライフスタイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 嗣政)と契約し、インスタグラムの運用を7月よりはじめ、8月9日より1ヶ月間 いいね&フォローアップキャンペーンを実施します。

■目的
通販の売上が拡大する中、今後SNSの活用は必須で、昨年よりフェイスブックの運用を始めた。近年、インスタグラムはユーザーがよく見るコンテンツで「料理」が上位にきており、今後インスタグラムはじめSNSから直接顧客が商品の購入をする流れになるので、インスタグラムの強化が必須と考え、食品業界ではまだまだ参入が少なくチャンスと捕らえ取り組みを決断。今後はフェイスブック同様、認知度を上げることと受注につなげるツールになるよう取り組んでまいります。

■キャンペーン
8月9日から9月8日までの1ヶ月間、わんまいる健幸ディナープレゼントキャンペーンとしていいね&フォローキャンペーンを実施します。 対象期間中にご注文をいただきました、お客様に抽選で20名に健幸ディナーセット(5食セット)をプレゼントいたします。(条件として記事を投稿してもらうことが前提です)

■グリーライフスタイル株式会社
グリー株式会社の100%子会社で、ゲーム事業に次ぐ第二の柱となる事業としてメディア事業の取り組み強化を目的として2019年1月1日に事業を開始。 事業内容は美容メディア「ARINE」などのインターネットメディア事業と制作運用事業を行っています。

■「わんまいる」について
「わんまいる」では、“日本の食材を食べること”を推奨し、旬菜旬消・自給率の向上を経営理念としています。主に国産食材を使用し、簡単に作ることができて美味しい献立、その上健康的な食事の提供ができるよう商品開発に取り組んでいます。また、出産・育児、親の介護、働く主婦などで、買い物に行ったり・料理を作る時間の無い方へ、湯せんやレンジアップするだけで食べられる時短に最適な冷凍惣菜・おかずセットを開発しています。

■旬の手作りおかずセット「健幸ディナー」とは
「健幸ディナー」の献立は専属の管理栄養士が監修しています。主菜1品副菜2品からなる1食当たりの平均塩分は3.5g、カロリーは400kcal未満であり、100%国産食材を使用、合成保存料・合成着色料不使用で、累計販売は160万食を超え、更に成長中の主力商品です。(※わんまいる自社出荷数の累計数)
でき立てのおかずを急速冷凍で個食パックにしていますので、美味しさを損なうことなく、湯せんや流水で解凍して、器に盛るだけの手軽さが評判です。1メニュー毎に個食パックで冷凍してお届けしますので、買い置きができ、お客様のライフスタイルに合わせて好きな時に必要な分量を使うことができるため、便利で無駄がなく経済的な点もご好評をいただいております。 食べて美味しいを実現するため、合成保存料・合成着色料を使わずに専属の管理栄養士と国産食材100%でお届けする、旬の食材を中心とした献立作りのこだわりは「日経DUAL 食材宅配ランキング2016」味と品質の個別評価で第1位として評価されました。

・わんまいるは、株式会社ファミリーネットワークシステムズの登録商標です。
・その他、本書に記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。

■会社概要
会社名 :株式会社ファミリーネットワークシステムズ
設立 :1993年9月
代表者 :堀田 茂
資本金 :1億3千万円
所在地 :(本社)大阪市北区太融寺町8-8
事業内容 :わんまいるグルメカタログ(発行して31年)・
自社ウェブサイトにおいて旬の手作りおかずセット並びに
単品惣菜・ご当地グルメ・有名専門店・お酒・お米・
菓子スィーツの販売と宅配事業及び大手百貨店・
大手スーパーへの卸売り事業
展開ブランド:わんまいる


posted by terry at 11:41| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

【衝撃事実】「盛岡じゃじゃ麺」はうどんだった



人間、知っているつもりでも「実際は違っていた」なんてことが意外と多い。「波浪注意報」は「ハロー注意報」ではないし、「気が置けない」は「信頼できない」ではなく「信頼できる」という意味である。いずれにせよ、真実を知る瞬間まで「勝手にそう思っていた」ことはよくあることだ。

つい先日、生まれて初めて岩手県盛岡市を訪ねた時のこと──。盛岡行きが決まって以来、ぜひ食べてみたいと心待ちにしていた「盛岡じゃじゃ麺」を目の前にして私、P.K.サンジュンは面食らってしまった。なぜなら盛岡じゃじゃ麺の麺が、普通にうどんだったからである。

・盛岡3大麺の1つ
わんこそば、盛岡冷麺と並び、盛岡3大麺に数えられる盛岡じゃじゃ麺。ご当地グルメの割にその知名度はなかなかのもので「聞いたことはある」という人は多いのではなかろうか。私は桃鉄の盛岡駅に「じゃじゃ麺屋」があったことから、かなり昔から名前だけは知っていたように思う。

テレビなどでチラ見した盛岡じゃじゃ麺は、いわゆる中華系の「ジャージャー麺」とさほど変わらないイメージで、ひき肉を使用した肉味噌ときゅうりが強く印象に残っていた。味についても「まあ、ジャージャー麺なんでしょ?」と思っていたが、結果的には全くの別物と判明した次第だ。

・元祖盛岡じゃじゃ麺「白龍」
さて、今回私が足を運んだのは「盛岡じゃじゃ麺」と検索すると至るところでヒットする、老舗「白龍(パイロン)」である。こちらの初代が戦前に旧満州で食べていたジャージャー麺をアレンジしたものが「じゃじゃ麺」の始まりだというから、いわば「元祖じゃじゃ麺」のお店だ。

店は盛岡駅から徒歩15分強のところにあり、基本は一本道なので迷うこともなかった。豪華絢爛な店構えではなく、むしろ老舗の年季があらゆるところからダダ漏れている。席数もさほど多くなく、20人も入れば店はギュウギュウといったところだろうか。

私はカウンターに着席し、じゃじゃ麺の中盛り(600円)をオーダー。すぐ目の前ではおばあちゃんが麺を茹でていた。大鍋の中で茹でられている麺を「うどんっぽい麺だなー」なんて思っていたのだが、実はそのまんま うどんだったのである。

・味もちいたんたんも想定外
ジャージャー麺のせいか、じゃじゃ麺も中華麺的なイメージをしていたが、まさかうどんだったとは……! お店によってはきしめんを使用しているところもあるようだが、念のため帰京してから周囲の人間に「じゃじゃ麺がうどんかきしめんだと知っていたか?」尋ねてみたが、当編集部で真実を知る人間は1人もいなかったことを報告しておきたい。

また、味も私の想定とはだいぶ違った。甘めの肉味噌かと思いきや、白龍のじゃじゃ麺はかなりスパイシー。クセはかなり強めで、めちゃめちゃハマる人とそうでもない人の差が激しいであろう個性的な味付けである。そういう意味で中毒性はかなり高い。

またこれも知らなかったのだが、麺を食べ終わった器に生卵を溶きカウンターに戻すと、お湯を注いでくれる。さらにネギや味噌を追加すれば玉子スープ「ちいたんたん」の完成である。なんという盛岡じゃじゃ麺の奥深さ……! 麺がうどんで、ちいたんたんで締める。これが盛岡じゃじゃ麺の王道だ。

というわけで、岩手県民以外はあまり知らないと思われる衝撃事実が判明した。盛岡じゃじゃ麺の麺は、うどんだ。もしくはきしめんだ。うどんっぽく見えるがうどんであり、きしめんっぽく見えたらきしめんだ。白龍は取り寄せもしているので、興味がある人は試してみてもいいかもしれない。最後にもう1度、盛岡じゃじゃ麺は、うどんかきしめんだ。


posted by terry at 08:57| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

川崎で「CITTA'の夏祭り」 夜市初開催、「青森ねぶた」展示も



川崎駅東口のラ チッタデッラ(川崎区小川町)で8月10日〜12日、「CITTA'の夏祭り2019」イベントが行われる。

今年で17回目の恒例イベント。今年は「夜市」を初めて開催する。「日本の文化を体験してもらいたい」というコンセプトでグルメ屋台や伝統芸能などを取り入れる。会場内は縁日屋台やパフォーマンスステージが並び、特別企画として2018(平成30)年の「青森ねぶた祭」で運行されていた「ねぶた」の会場展示もある。

各レストランが提案する日本のご当地グルメをはじめアジア、ヨーロッパなど世界各国の料理約300種類が並ぶ。「日光天然水のかき氷 とちおとめ」(900円)、「韓国風チーズハットグ」(500円)、「ブラジルソーセージ」(300円)など。

 川崎市内の竹を約100本使った会場内の装飾や「Japonism(ジャポニズム)」をテーマに、みこしやさまざまなジャンルの「パフォーマー」が登場し、和太鼓、三味線などの和楽器を中心としたエンターテインメントショー「和スタイルショー」も昨年以上の演出で行う予定。


posted by terry at 10:57| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

丸山桂里奈さんら熱く語る...福島県の今と食 東京でスポーツフェス



開幕まで1年を切った東京五輪を契機に福島県の魅力を発信しようと「ウェルカムTOKYOスポーツフェス2019With福島」が4日、東京・丸の内の丸ビルで開かれた。元野球日本代表で元中日の和田一浩さん、元ソフトボール女子日本代表エースの高山樹里さん、元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈さんが福島の今と食のおいしさを熱く語り合った。読売新聞社、福島民友新聞社の主催、県の後援。

 3人は壇上で五輪の銀メダル、銅メダルを披露。お薦め品に県産モモ100%ジュース「福島桃の恵み」を挙げた和田さんは「福島はモモのイメージがあるが、リンゴもおいしい。蜜が多くて甘いので、一度食べてください」と呼び掛けた。

 日本酒好きの高山さんは会津の郷土料理「ニシンの山椒(さんしょう)漬け」をつまみとして絶賛。野球・ソフトボールの一部試合が福島市のあづま球場で行われる東京五輪に向け「選手や私たちも何かを発信しながら福島に恩返しをしたい」と意気込みを話した。

 かつて東京電力女子サッカー部マリーゼに所属し、双葉町で生活した丸山さんは、隣の浪江町のご当地グルメ「なみえ焼そば」を紹介。「私の体の半分は福島でできているというくらい、福島は第二の古里。東京五輪で選手が活躍し、笑顔になる福島の人たちの姿が見たい」と語った。

 会場には東京・日本橋ふくしま館「ミデッテ」が県産品の販売コーナーを設けた。

 HAPPYふくしま隊と県職員はPR活動を展開し、旬を迎えたモモの主力品種「あかつき」や地酒が来場者の人気を集めた。

 福島民友新聞社は号外の大型パネルを展示し、本県が全国新酒鑑評会の金賞受賞銘柄数で7年連続日本一の快挙をアピールした。

 丸の内地区で15日まで開催中の参加型スポーツイベント「MARUNOUCHI SPORTS FES2019」との連携事業で、野球・ソフトボールの新競技「ベースボール5」の体験コーナーも好評だった。






posted by terry at 14:50| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

東北道蓮田SA(上り線)が移転、リニューアルオープン…東日本最大級



NEXCO東日本は東北道蓮田サービスエリアを移転リニューアルさせ、7月29日13時にオープンした。新蓮田SAは旧蓮田SAから約2.5km南に位置しており、駐車マスは約3倍、商業施設は約2倍と拡張。東日本最大級のサービスエリアとしてリニューアルへ至った。

◆商業施設は約2倍に拡張

商業施設はPassar(パサール)蓮田として開業し、話題の店舗や蓮田SAでしか味わえないご当地グルメなどを取り揃えている。

今回、高速道路初出店となるのは11の店舗。フードコートでは仙台に軒を構える牛たんの名店「牛たん炭焼利久」をはじめ、韓国料理の「韓美膳(ハンビジェ)」、首都圏に20店舗を構える鶏料理専門店「鳥どり」が初出店を果たした。

また、SA、PA初の試みとして青果、精肉、鮮魚を取り扱う生鮮ゾーン「旬撰市場」を展開。彩豊かな果物や野菜、東北地方の国産牛や新鮮な魚などを取り扱う。

雑貨系ショップは伝統的な帆布を使用した鞄や小物を取り揃える「日乃本帆布(ひのもとはんぷ)」が高速道路初出店。グラフィックTシャツを多数取り揃える「グラニフ」もNEXCO東日本エリアでは初出店となった。

◆駐車マスは約3倍、利便性を高めるシステムを導入

SAの機能として重要な駐車場は大型車枠が従来の31台から127台と約4倍に増強。新たにバス優先駐車場も設けられるなど、東北地方から東京に向かうトラック、バスの最後の休憩箇所として慢性的な駐車場不足の解消を図る。小型車枠は139台から352台と約2.5倍に拡大している。

駐車場の拡大についてNEXCO東日本の工務課長である南肇さんは「旧蓮田SAは大型車の慢性的な混雑が課題となっていましたが、今回地元住民の方々の協力もあり、広い駐車場を確保することができました。またリアルタイムで各駐車場の混雑状況が把握できるシステムの導入や、バス優先駐車場を施設側に設けるなど、利用者の利便性を考慮した駐車施設としています」と話す。

また、近隣の住民の人々も利用することができるように一般道側にも約90台の駐車場を整備した。

その他、新蓮田SAは地域の防災拠点としての機能も有しており、各種関係機関の共同災害対策室とすることができるフードコートや、自家発電設備、防災倉庫やヘリポートまで完備。地域の安心、安全を担う拠点として機能する。

28日には内覧会が開催され、午後には上田清司埼玉県知事をはじめ、各近隣地域の議員や地元住民の方々を招いての完成披露会も催された。

上田知事は「埼玉県は高速道路6本、新幹線6本と首都圏交通の要です。その埼玉県に東日本最大級のSAができたことは非常に喜ばしいこと。その上、防災倉庫、自家発電装置など、災害時に拠点として活用できる点などを鑑みれば、新蓮田SAは日本のSAの頂点と言っても差し支えないのではと思う」とあいさつした。

内覧会にはNEXCO東日本SA・PAグルメアンバサダーを務める、もえのあずきさんも登壇。地元蓮田のうどん・そば専門店「翁の郷(おきなのさと)」で提供される肉汁うどんのファミリーセットを豪快に食した。


posted by terry at 09:21| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

ご当地グルメ、玉子焼とかつめし作る料理教室 明石で開催へ



地元のソウルフードを作ろう−。兵庫県明石市の「玉子焼」と兵庫県加古川市の「かつめし」の調理法を学ぶ教室が8月9日、明石駅前のパピオスあかしである。

 明石市では11月、ご当地グルメによる地域活性化イベント「B−1グランプリ」の全国大会が開催される。県内からは「あかし玉子焼ひろめ隊」と「うまいでぇ!加古川かつめしの会」が参加する。

 B−1を盛り上げようと、大会実行委員会と加古川市が料理教室を企画。両団体のメンバーが、ご当地グルメを家庭でも味わってもらえるよう、調理のコツを伝授する。

 午前10時半〜午後1時。対象は明石、加古川市在住の小学生と保護者。定員16組。応募多数の場合は抽選。参加費1組1500円。29日締め切り。

 応募の詳細は、明石市制施行100周年記念事業推進室TEL078・918・5280




posted by terry at 08:52| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする