暮らしとショピング









PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花



ネットサポート 









2020年07月31日

高尾山からの下山後にイタリアンの選択。高尾山名物の和食材ものせた“高尾山風”パスタ



下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、都心の新宿から1時間ほどでアクセスできるため手軽でありながら、豊かな自然と歴史ある文化を楽しめる高尾山へ。高尾山名物の和食材「〇〇〇」をのせた洋食料理を食す。

高尾山から下りてきたら何を食べて帰ろう。少し前までは「とろろそば」一択だった。

昨年の春、高尾山を登り、高尾山口駅に着いた。何か甘いものを食べて帰りたいと同行者に言われ、以前から気になっていた、駅に隣接した店に入ってみた。窓から陽光が差し込む、明るくてカジュアルな趣の店内。観光客や登山帰りとおぼしき姿の人々が思い思いにくつろいでいた。

私は「高尾豆腐のシフォンケーキ」、同行者はジェラート。うまくいった山行の話をしながら、おいしいスイーツを味わって帰った。居心地のよい店、機会があれば食事をしに、また来たいなあとずっと思っていた。

この店「高尾山FuMotoYA(ふもとや)」に再び訪れることができたのは今年7月半ば。

外が見えるカウンターの席に案内してもらえた。名物は石窯で焼くピッツァだそうだけど、1人で食べるには多そうだ。自家製麺のパスタがいいだろうか。「オリジナル」「地元食材」という言葉に非常に弱い私が選んだのは「八王子ナポリタン トロロをのせて高尾山風」。八王子野菜を使用しているという。しかもとろろ? どんな感じだろう。ワクワクしながら待つことしばし、ボリュームたっぷりのおいしそうなパスタが登場した。

八王子ナポリタンとは、八王子の飲食店が展開するご当地グルメ。「たっぷりの刻みたまねぎに、八王子産の食材をプラスすること」を条件とし、味や素材に各店が趣向を凝らしているのだそう。

たっぷりのトマトソースの上に乗っているのはとろろと刻みたまねぎ。しゃきしゃきとした玉ねぎと、濃厚な味わいのトマトソースの相性がいい感じ。とろろがやや控えめに存在を主張している。葉ものの八王子野菜の食感がアクセントになっている。メニューには「ピリ辛」と書かれていたが、辛さよりうまみが強いかも。ちょっともちっとした麺も好きなタイプだ…。

けっこうボリュームがあるぞと思って食べ始めたのに、手が止まらず、あっという間になくなってしまった。あら、これならデザートも行けちゃうね。以前食べておいしかった高尾豆腐のシフォンケーキを再度オーダー。

  高尾の名店「するさしのとうふ」を生地に混ぜ込んだシフォンケーキは、一般的なシフォンケーキよりしっとりしている。口にすると甘さ控えめ、上品な味わいだ。生クリームを一緒に味わうとケーキのおいしさがさらに引き立つ。付属のミニジェラートの甘みもいい感じ。

コーヒーとともにゆっくりとケーキを味わい、窓の外を見れば染みるような緑。ああ、今日もいい山行だったな。下山後のご褒美スイーツ、最高だ。

…ああでも今、ピッツァを焼いているのか。店内に漂う香ばしい匂い、どうにもそそられる。月見とろろピッツァなるものが名物らしいけど、定番のトマトソースのピッツァも絶対美味しいはず。今度は友人と訪れよう。みんなでシェアしながらあれこれ食べたい。

京王線高尾山口駅に隣接するイタリア料理店。石窯で焼くナポリ風ピッツァ、自家製麺のパスタなど本格的なイタリアンが味わえる。ジェラートはテイクアウトも可能。

住所:東京都八王子市高尾町2241
電話:042-667-7568
HP:https://www.urban-inc.co.jp/tokyotakao/shop/fumotoya/


posted by terry at 08:30| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする