暮らしとショピング









PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花



ネットサポート 









2012年09月14日

若さ売り込め 敬老の日商戦、本格化 石川県内 健康グッズ、デザイン重視

若さ売り込め 敬老の日商戦、本格化 石川県内 健康グッズ、デザイン重視 富山新聞


17日の「敬老の日」を前に、石川県内の百貨店などで商戦が本格化している。健康で活動的な高齢者が増える中、「いつまでも若く」という心理を反映し、店側は機能性だけでなく、デザイン性を重視した生活雑貨やスポーツ用品の売り込みを強化。拡大するシニア消費市場を狙い、PRに躍起だ。


 香林坊大和(金沢市)は、寝具やスポーツ用品など健康グッズを中心に関連商品を展開している。生活用品フロアでは、体組成計や歩数計のほか、インテリアとしても使えるマッサージクッションを提案。定番アイテムのステッキは花柄など派手なデザインの商品が動いている。定年後に旅行を楽しむ層が増え、キャリーバッグも人気を集めている。


 最近は見た目が地味な商品は敬遠されがちで「若い世代と同じように洗練されたデザインの商品が好まれる」(桜野立夫広告広報課長)という。


 「最近は70代以上でも若々しい。高齢者という言葉を嫌うお客さまもいる」。こう話すのはめいてつ・エムザ(金沢市)の稲津恭正販売促進部長だ。


 同店は生活雑貨のほか、スポーツ用品の売り込みを強める。スポーツジムに通う高齢者が増えていることから、多彩なウエアやシューズを用意。動きやすさ、体への負担を考慮した機能性の高い商品で「明るめの色が好まれる」(担当者)という。


 スポーツデポ金沢鞍月店(金沢市)でも、フィットネス、トレッキング、ウオーキング関連商品の売れ行きが伸びており、登山靴売り場では、機能性に加え、色やデザインにこだわった商品が動いている。






posted by terry at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック