暮らしとショピング









PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花



ネットサポート 









2013年01月29日

節分の恵方巻き多彩

節分の恵方巻き多彩 十勝新聞


2月3日の節分を前に、十勝管内のスーパーやすし店では恵方巻きの予約を受け付けている。今年は定番の太巻きに加え、趣向を凝らした巻きずしも登場し、バラエティーに豊んだ品ぞろえが関心を呼びそうだ。

 恵方巻きは、節分の日にその年の縁起の良い方角を向いて太巻きを食べる風習。コンビニでの販売を契機に全国に広がった。今年の方角は「南南東」。

 いちまるでは昨年同様、卵焼きが入った「生太巻」(予約580円)や6種類の海鮮ネタを詰め込んだ「大漁巻」(同950円)を販売。中でも、直径約4・5センチと丸かぶりしやすい「太巻ファミリーパック」(3本入り、同650円)は「子供でも一口で食べられるハーフサイズとして、毎年好評」(生鮮総菜センター部)という。

 のりを巻いた太巻きと違い、一風変わったスイーツも登場。ダイイチは今年から新たに、中にホイップクリームが入った「恵方巻きクリームたっぷりロール」(予約1200円〜)を販売。「子供や甘い物が好きな女性から人気を集められれば」(加納充バイヤー)と定着化を目指す。

 スーパーに限らず、すし店でもユニークな恵方巻きが目を引く。

 「フードバレーとかち」応援企画として、帯広市内の回転ずし店「なごやか亭」では2月1〜3の3日間、トヨニシファーム(帯広)の牛肉や十勝野フロマージュ(中札内)のチーズソースなど、十勝産の食材をふんだんに使った「十勝巻き」(500円)を数量限定で販売する。現在、柏林台店(市西18南2)と大通店(市大通南25)で予約を受け付けており、「十“勝”という縁起の良い言葉にもちなんで、受験や就職活動を乗り切ってもらえれば」(加藤章弘帯広地区回転寿司事業部部長)と期待している。






ラベル:節分 恵方巻 多彩
posted by terry at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック