暮らしとショピング









PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花



ネットサポート 









2013年10月28日

宇和島発祥究極の卵かけご飯 2つの食べ方楽しむ愛媛・鯛めし【GOHAN特製原稿】

宇和島発祥究極の卵かけご飯 2つの食べ方楽しむ愛媛・鯛めし【GOHAN特製原稿】  47ニュース



「はらこ飯」「さばのへしこ」「からしれんこん」…と、食材から調理方法まで独自色が強く、地域で長く愛されている郷土料理。「きりたんぽ鍋」や「みそ煮込みうどん」のように知名度の高い料理も少なくない。「鯛めし」もその一つ。愛媛県が発祥なのだが実はこの料理、食べ方が二つあるということをご存じだろうか。


 瀬戸内海に面し、海の幸が豊富な愛媛でタイは県魚。漁獲、生産量は全国一の5割以上を占めており、「愛鯛」と称したブランド品もあるほどだ。最近登場したのが「みかん鯛」。かんきつ類の一大生産地らしく、飼料に伊予柑をブレンドして育てたという。生臭さが消え、口の中に爽やかな香りが残るのが特徴で、同様の「みかんぶり」と並んで話題を呼ぶ。


 「鯛めし」に話を戻そう。食べ方は地域による。全国区の炊き込みご飯は松山や今治などがある中予、東予のもの。もう一つは、生のタイを使う南予の宇和島辺り。


 前者は、タイ1尾を米や具材と一緒に丸ごと釜にいれて炊き込む。出来上がったら、身をほぐしてご飯に混ぜ込んで食べる。タイのエキスが凝縮した上品な味わい。

一方、後者は、地域がかなり限定されるため、県内でも少数派。こちらは「究極の卵かけご飯」と呼ぶにふわしい。


 南北朝時代から江戸時代まで、宇和島の沖合、日振島を中心に活躍した伊予水軍が船上で口にした、海賊飯が始まりといわれる。「ひゅうがめし」とも呼ばれ、昔はアジなどを使うのが一般的だったそうだ。


 主役は新鮮なタイの刺身。それにしょうゆ、みりん、生卵、だし汁、ごまやネギなどの薬味を混ぜ合わせ、熱々のご飯に載せる。タイと甘いたれの相性は抜群で、ご飯が進む。食欲が落ちる夏場には冷や飯で試したい。


 数年前、その存在を知った記者もお気に入り。ランチで通う東京・新橋の日本料理店では、タイをたれにくぐらせた後、ご飯に載せるづけタイプ。もう一つ、ご飯にタイを載せた後、たれをかける食べ方もある。


 先日、同じ新橋にあるアンテナショップ「香川・愛媛せとうち旬彩館」の郷土料理店「かおりひめ」で試食する機会があった。タイのぷりぷりとした食感と独特な香りをダイレクトに楽しめ、また別のおいしさを実感できた。


posted by terry at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック