暮らしとショピング









PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花



ネットサポート 









2016年04月22日

知られざる姫路土産「おでんケーキ」で、あのキャラの気分になれる?



先日、世界遺産・姫路城で盛り上がる姫路へ行ったところ、こんなそそられるお土産を発見した。「大陸」という創作西洋菓子店で販売されているもので、こんにゃく、たまご、ちくわが串に刺さったおでんがケーキで忠実に再現されている!!

JR姫路駅から、姫路城へ向かうみゆき通り沿いにある「大陸ひろめ庵」。こちらは「大陸」の新店舗で、明るく親しみやすい雰囲気。ちなみに本店もすぐそばのみゆき通りにあり、こちらは1948年創業当時の面影を残す、レトロでクラシックな落ち着く佇まいだ。

「大陸」代表の岡本一(はじめ)さんにお話をうかがってみたところ、姫路は昨今のB級グルメブームにおいて、「姫路おでん」を猛プッシュしているのだが、このケーキもそのPRの一貫としてつくられたものだそう。姫路おでんは静岡おでん、名古屋おでんに次ぐ、「ご当地おでん」のひとつで、からしではなく、「生姜醤油」をつけて食べるのが特徴なのだとか。

もともとしょうゆ味がついているおでんを、さらに生姜醤油につけて食べる……というのは不思議な気もするが、その発祥については諸説あるという。姫路は龍野市(現:たつの市)が古来より醤油の産地であり、白浜が昭和の初め頃生姜の産地だったとされることから、地のものをブレンドする食習慣が生まれたのではないか?と現在では考えられているらしい。

そして、「おでんケーキ」も、食べる直前にホワイトチョコ製の自家製生姜パウダーをふりかけること「姫路おでん」の特長を再現。…

ひとつずつ串に刺すなど、手間ひまはかかるだが、観光客にも好評という。

「一番上の△(こんにゃく)は、姫路・夢前町の古代米「紫黒米(しこくまい)」の米粉を練りこんだ三角ロールケーキ。真ん中の○(たまご)は、「大陸」の看板商品である「あまんどクイーン」。一番下の□(ちくわ)は、同じく夢前町の「赤米」の米粉を練りこんだロールケー キ(安富町特産の白あずき入り)です。この△○□を、ひとつずつ串に刺してようやくできあがります。見た目のインパクトだけでなく、地元でとれたおいしい素材を取り入れているのがこだわりですね」とのことだった。

紫黒米の米粉ロールケーキ製造中のひとこま。グレーの△がまさにおでんのこんにゃくそのもの!!

ちなみに、3月には受験生、就活生向けに向けた「春よおいでんケーキ」なる別バージョンもつくっていたらしい(現在では、生産終了)。最後にふりかけるのが生姜パウダーではなく、ピンク色の「さくら咲くパウダー」というのがポイント。花見の差し入れとしても受けそうな一品なので、来年にはぜひゲットしたいところ……。

姫路を訪れる機会があったら、あのキャラの口癖「てやんでぃバーローちきしょー」とひそかにつぶやきつつ、食べてみてはいかがでしょう?



posted by terry at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック