暮らしとショピング









PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花



ネットサポート 









2017年02月27日

名店の讃岐うどんから小豆島のオリーブまで。都内で買える香川グルメまとめ



こちらのアンテナショップには、徳島県と香川県の名産品が一緒に並びます。今回は、香川県の名産品をピックアップしてご紹介。

取材をさせていただいたのは香川県善通寺市出身の栗栖京子さん。「徳島・香川トモニ市場」の副店長です。

栗栖さんのオススメスポットは、地元でもある善通寺市のお菓子屋さん「熊岡菓子店」。こちらのお店の名物は「石パン」という、不思議な名前のお菓子です。

この「石パン」、なんと日本一硬いお菓子と言われているんです。香川県民の多くが知る石パンは、素朴な味でその硬さがくせになるとか。
現地のみの販売なので、香川県に行った時にチャレンジしてみてくださいね!

そんな栗栖さんに、徳島・香川トモニ市場の人気商品やおすすめ商品を教えていただきました。

800軒にもおよぶ香川県のうどん屋さんの中でも超人気店の「山越うどん」。山越うどんは、昭和16年創業で釜玉うどんの発祥のお店です。

こしの強いつるつるの麺と、実店舗でも使われているだし醤油を絡めれば、自宅にいながら香川の本格うどんがいただけます。

こちらの商品が購入できるのは、都内で徳島・香川トモニ市場だけ。

都内ではあまり見かけませんが、地元では一般家庭で使われているというだし醤油。バラエティに富んだだし醤油は、用途に合わせて塩分が調節されているそう。

サラダ専用や煮魚専用など、種類が豊富なので見ているだけでも楽しいですよ。

徳島・香川トモニ市場では、現地価格で購入できるので、まとめ買いして味比べしてみるのもいいですね。

香川県と言えばうどんの印象が強いですが、ご当地グルメ「骨付鶏」も香川県のソウルフードなのはご存知ですか?
鶏もも肉を塩とコショウとニンニクで下味付けして焼いた骨付鶏は、地元では専門店があるほどの人気ぶり。

そんな骨付鶏を真空パックにしたこちらの商品。
袋を開けた瞬間に香るニンニクと醤油の香りがたまりません。
ジューシーで食べ応えがあるので、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもぴったり。

糖蜜で長時間熟成して乾燥させたオリーブグラッセに、ほろ苦いビターチョコをコーティングした、小豆島の新感覚スイーツ「おりぐらっちょ」。

オリーブとチョコレートは意外な組み合わせですが、一粒食べるとくせになる味わいです。

コーヒー、紅茶はもちろん、ワインや洋酒にも相性抜群です。

今までになかった新感覚スイーツなので、ちょっとしたギフトとしてもおすすめです。

香川県の花嫁菓子として、結婚式などの引き出物で使われる「おいり」。さくっと軽く、ほんのり甘い香川県の伝統和菓子です。

パステルカラーのころんと丸い姿がかわいらしいですね。

お祝い事や、ちょっとしたプレゼントにもオススメです。

小豆島の醤油蔵「金両醤油」が販売している、にんにく風味のオリーブオイル。香川県産のにんにくとオリーブオイルを特殊な製法で煮込んで作られています。

トーストに塗ってガーリックトーストにしたり、お醤油と混ぜてドレッシングにしたりと、万能なオリーブオイル。香ばしいにんにくの香りが食欲をそそります。

サイズは全部で3種類。まずはお試しに、ミニサイズを購入してみてみるのもいいですね。

さぬきに伝わる3つのおとぎ話、「浦島太郎伝説」、「桃太郎伝説」、「かぐや姫伝説」のかわいらしいイラストが描かれたお酒です。

味のラインナップは「純米酒」「梅酒」「甘い純米にごり酒」。
梅酒に使われている梅は、香川県の観光名称「栗林公園」の梅を使用しているんですよ。

ほっこりするイラストのビンは、飲み終わった後もグラスとして使用できます。

いかがでしたか?

都内にいながら、その土地のゆかりの商品に出会えるアンテナショップ。
地域限定の商品を探しに足を運んでみてくださいね。

 
posted by terry at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック