暮らしとショピング









PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花



ネットサポート 









2020年07月15日

野菜も魚介もたっぷり 北海道・小樽あんかけ焼きそば



すし、ガラス工芸、運河や赤レンガ倉庫の街並みなどで知られる北海道内有数の観光都市、小樽。1960年代から地元で親しまれている味が「小樽あんかけ焼きそば」だ。2019年に開いたご当地グルメのイベント「B―1グランプリ」全国大会で4位に入るなど、じわり脚光を浴びている。

「小樽市民の社員食堂でありたい」。JR小樽駅前のアーケード街「小樽都通り商店街」で64年から営業する「中華食堂 桂苑(けいえん)」の店主、沢田初さんは話す。世代を超えて訪れるファンに料理を提供するため、創業当時の味にこだわる。

ニンジンやタケノコ、キクラゲ、ピーマン、白菜、タマネギ、モヤシといった野菜と豚バラ肉やエビをあんに絡める。茶色のあんはしょうゆベースで、砂糖やニンニクを加えて味付けする。具材の量は多く、箸でかき分けないと焼きそばにたどり着けない。


posted by terry at 08:37| Comment(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: